違和感の少ない、できるだけ咬める入れ歯を目指します

西船橋駅前歯科では、入れ歯作りの診療方針として、できるだけ違和感の少ない、痛くない、咬める義歯治療を心がけています。

 

違和感の少ない・痛みの少ない入れ歯とは

入れ歯は基本的には異物です。異物がお口の中に入ってきたときには違和感を感じるのはごく普通のことです。

人間の体は不思議なもので、髪の毛一本、口の中に入っても違和感を感じる一方、大きな虫歯があっても痛みさえなければ、形態としては慣れてしまうものです。

入れ歯についても同様で、慣れてしまうこともあるのですが、基本的には適合の良いものを入れることが、違和感も少ないですし、支えている歯肉や歯を痛めることが少ないです。

よい入れ歯とは

適合のよいものを作りましょう

適合のよい入れ歯は精密な型取り、精密な入れ歯作りが必要です。

詰め物、かぶせ物などはある程度精密でないと入りさえしないので、精密な型取りをしますが、入れ歯の場合には、口の中に入らないこともないので、そこまで精密に行われないこともあります。

まずは、よい義歯は適合の良い義歯です。

良い義歯を作成したい場合には精密治療を行いましょう。

歯を痛めない金具

部分入れ歯の場合には残っている歯を支えにして入れ歯を入れます。

入れ歯をしっかりさせると土台になっている歯に負担がかかります。
その負担は、長期的にみると歯を痛めることにつながります。

良い入れ歯とは歯のない部分の形を人工の歯で補いつつ、できるだけ残っている自身の歯を守る入れ歯です。

 

見た目のよい入れ歯

従来の入れ歯では金具(金属)を使用して、歯がないところを補っていました。

これ自体は悪いことではないのですが、金具(金属)の欠点は目立ってしまうということです。
とくに前歯にあたる部分や笑うと見える部分に金属が出てしまうと、気になってしまう場合もあります。

このような場合にはノンクラスプデンチャーと言われるような金属を使わない義歯を使うことで審美的な入れ歯を入れることもできます。

 

 

 

保険の入れ歯と保険外診療の入れ歯の違いについて

治療方法で言うと、歯の本数の条件などで、保険診療で入れ歯治療ができないことはありません。
治療における優先順位が保険診療内という場合には、入れ歯の品質・技術等は別として全て保険診療内で入れ歯をお作りすることができます。

ここでは、保険外の入れ歯治療の治療は何が違うのかご説明いたします。

材料の違い

大きな義歯の場合には、義歯の厚みが気になるという場合があります。これは金属床を使用することで解決されます。
保険で使用されるレジン床は強度を保つためには厚みが必要です。一方、金属床の場合には金属そのものの強度があるため薄くても問題がありません。

変形などもしにくく、金具の形態も保険に縛られず自由に作製できるので歯を守り、義歯をしっかり支える設計にすることができます。

 

見た目の違い

部分義歯の場合には義歯を支える歯の部分に金具がかかります。

これは通常、金属色(銀)です。

奥歯ならまだしも前歯にかかる場合など、金属が来てしまうのはイヤな場合もあると思います。

そうした場合に金属を使わない義歯があります。

こうしたものは保険治療では行うことができません。

 

痛みを避ける

義歯の床の部分は義歯床と呼ばれ、ピンク色の樹脂でできています。
樹脂はプラスチックです。固いです。

この固さにより奥の歯の方では痛みを感じやすい場合があります。

このような時にシリコーンで内面を整える義歯があります。
このようにして痛みを和らげる義歯も行っております。

(ただし、シリコーン義歯の欠点もあり、精密な義歯を作ることで痛みを避けることができる場合はその方をお勧めしています。)

適合の違い

保険外診療の場合、適合のよい入れ歯を作るため、型取りから精密治療のための治療方法で進めていきます。

義歯そのものは歯科技工所で作製しますが、保険外診療の義歯の場合、精密重合システム(イボカップシステム)を使用して作製した義歯を提供しています。

 

技術の違い

上記の部分は材料に関わることです。
わかりやすさとしては材料という見た目の違いは保険のきく・きかないがわかりやすいことと思います。

私たちが考える保険のきく・きかないの違いとしては技術の違い・手間暇の違いです。

実際の私たちが良い入れ歯づくりをする際には、1ミリ以下の世界で作製、調整をしていきます。
パッと見て、見た目が同じ入れ歯でもその入れ歯の中には技術の違いが出ています。

本来、治療費の違いは材料や見た目の問題だけではありません。
技術の違いやそれを作るための手間暇の違いです。

保険外診療で制限がないため、より良い材料を使用することは当たり前ですが、歯科医師、歯科技工士の技術、それに込める制作への思いの違いが保険治療と自費治療の違いです。

 

義歯作製の流れ

西船橋駅前歯科では、保険外診療の義歯治療の場合、概ね次のようなステップで治療を行っています。
よいものを作ろうと思うと必然的に時間や治療回数もかかります。

診断

まずは診断です。

現在使用している義歯がある場合にはそれの不満は何なのか、それを解消するためにはどういう材料を使用し、設計をするとよいのかなどを考えます。

しっかり咬めるようにしたいのか、将来的に作り替えの少ない義歯を望むのか、見た目がよいものを作りたいのか、患者さんの希望はそれぞれです。

 

術前治療

土台になる歯の治療が必要な場合、先に行います。

入れ歯と土台になる歯とは適合がよくないといけません。
相性のよくない歯の形での入れ歯の型取りは、入れ歯にとって無理が出てしまうのと、土台になる歯に負担をかけてしまうことにつながります。

良い義歯は歯のないところだけを見ているわけではなく、入れ歯を支える歯やかみ合わせの歯を見ることから始まります。

 

型取り

型取りをします。
入れ歯作りの場合、詰め物を作るときのような精密な型取りをすることは少ないです。
詰め物は精密に型取りをしないと入らない、やり直しという結果になってしまいますが、入れ歯の場合には詰め物レベルの精密さがなくても入るだけは入ってしまうためです。

よい入れ歯作りの場合には、この段階で精密印象を行います。

精密印象には型取りの器具を個人用に作成するところから始まります。
そのため型取りの器具を作るための型取り→入れ歯を作るための型取りと、2回以上の型取りが必要な場合があります。

患者さんとしては、型取りをするという意味では、同じような治療で、わかりにくいかもしれませんが、見えにくいところに手間暇をかけることが良い入れ歯作りにつながります。

かみ合わせを調べる

歯がない部分の本数にもよりますが、歯がない部分が多いほど、どこでかみ合わせをしているかわかりません。

(想像してください。上下全く歯のない方を…)

統計的に、人間の体はこのような数値の位置で咬んでいるという指標があったり、古い入れ歯がある場合には習慣的に適切な位置というものがあります。
こうしたものを検査をしていって数値化したり、記録したりしてかみ合わせの位置を決めていきます。

 

歯を並べる

かみ合わせの記録を採取した後は、その位置で歯を並べてみます。

完成前の段階で歯を並べることにより、実際にこの位置で問題ないか確認をしたり、調整をします。

審美的なこともありますので、この段階で人工的な歯並び、一本一本の歯の形、色などを、患者さんに確認をしてもらいます。

OKなら完成の作業に進めます。

完成

保険外診療の場合、精密重合といわれる作製方法(イボカップシステム)で作製しています。
これは作成時の変形(重合収縮)も少なく、精密治療に適した治療方法です。
圧縮して作製し、その密度があるため、調整した時の面などもきれいで、汚れも付きにくいことが特徴です。

調整

残念ながら義歯はいきなり快適に使えるという場合ばかりではありません。
新しい革靴を履くと痛いことがあるのと同じように、最初は違和感がある場合があります。

新しい革靴が次第に自分の足になじむように、多少の調整はありますが、自分の体に合った入れ歯は落ち着いてきます。

 

入れ歯を入れてから

入れ歯を支える歯の状態も変化します

支えている歯が虫歯や歯周病にならないように、予防歯科でケアをしていきましょう。
入れ歯を入れている(歯を失った経験がある)ということはそれだけ歯が悪くなるもともとの素因があるということです。
予防歯科で残っている歯を大事にしましょう。
 

歯肉の状態も変化します

年単位で見ていくと、入れ歯を支える歯肉(歯肉の中にある骨の形)も変化します。

義歯がゆるくなるような場合には義歯の内面を裏打ちして改めて適合をしっかりさせることもできます。

 

支えている歯がダメになってしまった場合

新しく作るときには、将来的なリスクのことも考えて診断・作製をしていきますが、残念ながらトラブルに見舞われることもあります。

そのような場合には、義歯を修理して、既存の義歯を使えるようにします。
作製時より予後の悪そうな歯がある場合などには将来的な修理も考えて義歯の設計をしておくことも大切です。