よりきれいに、より自然に近い状態の口元を考えている方へ

審美歯科とは、人が本来もつ自然なお口の状態を取り戻す治療と考えています。
削ってかぶせることだけが審美歯科ではありません。
また医学的に正しい治療を行うという治療の過程や治療結果を長持ちさせるという医療としての質も大事に考えています。

ここでは審美歯科治療の当院での流れなどをご説明します。

 

審美歯科治療の流れ

1.はじめに 相談から始めます

清潔でプライバシーに配慮した個室の診療室で、治療の前に安心して相談が受けられます。
インフォームドコンセントを確立し、患者様のご希望に添えるよう治療法の提案、相談を行います。

 

2.丁寧な治療を心がけています

歯科医師は最新の審美歯科治療を取り入れ、一人ひとり時間をかけ丁寧な治療を心がけています。
マイクロスコープ、拡大鏡などを使用することで、細かい部分まで丁寧に治療を行います。

審美歯科治療の多くは型取りをすることが多いのですが、例えば精密な型取りをするために、患者様にはわかりにくい部分にも手を抜かず、圧排、個人トレー、シリコーン印象材など、一般診療とは違う治療方法、材料での治療を行っています。

これらの使用はコストと時間がかかります。
保険外治療の場合は、長めの時間や保険外による費用をいただき、出来る限り治療の質が上がるよう努めています。

 

3.精密な模型を作製します

どんなにきれいに治療し、精密な型をとっても、それを再現した模型に不備があっては、精度のよいものは作れません。

正確な模型を作るためには、型を取ってからできるだけ早く模型作りのための石こうを流す。(アルジネートの場合)シリコーン印象した型に流す石膏は、石こうの粉と水の比率を正確に計測し、手で練るのではなく、真空練和器を用い、気泡が入らないようにして作製しています。
 患者様に見えない部分での仕事も、丁寧に行っています。

 

4.高い技術をもつ歯科技工士がつくります

審美歯科専門の技工所を院内に併設することにより、品質のよい優れた技工物を患者様に提供いたします。

必要に応じ歯科技工士が相談、型取り、セットなどの治療に立ち合いますので、患者様のご希望を直接聞いたり、難しい色合わせにも対応しています。

歯科医師は専属の歯科技工士と密に話し合い、患者さまのご要望に近いものを提供しています。

完成時に色や形が気になる場合には修正や再製も行っています。

 

5.健康にも配慮した接着技術を使用しています

接着性のセメントを用いることで、歯とかぶせものが、永続的に隙間なく、強力に接着しています。
 従来のセメントと比較して、隙間が生じにくいということで、むし歯になりにくいという健康面での利点や審美的な側面での利点もあります。

 

6.メンテナンスを大切にします

ホワイトニングなどでは定期的なクリーニングが歯を白く維持するために最も重要なこととなります。
また、セラミックスなどでは咬みあわせの変化に応じて調整が必要になる場合があります。

定期的な健診をお勧めするとともにセラミックを傷つけないやさしいメンテナンスも行っています。

 

7.保証制度を設けています

審美歯科を含む自費診療については5年間の保証制度を設けています。
 (半年に1回の定期検診をうけていただいていることを条件としています。)

セラミック治療の欠点として、かける、割れるということがあります。そのリスクもかみ合わせの強さや歯ぎしりの有無などにより個人差があります。
保証制度を設けることで、少しでも安心していただいて審美歯科治療を受けていただきたいと考えています。

 

審美歯科の治療メニュー

オールセラミック

オールセラミックスクラウンは全く金属を使用しないかぶせもので、現在の審美歯科治療の材料としては最も優れた材料です。

西船橋駅前歯科ではジルコニアセラミック(プロセラ、LAVA)、Emaxセラミック、などを使い分けています。

 

お勧めの方
 最もきれいに歯を治したい方
 最も自然に近い状態に歯を治したい方
 従来のメタルセラミックなどの金属の黒ずみが気になる方

 

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面だけを薄く削り、セラミックを接着技術により貼り付ける治療方法です。

お勧めの方
 歯の表面のみ大きな詰め物があり変色が気になる方
 ホワイトニングでは難しい歯の変色がある方
 歯の形は残っているが、神経の治療を行い歯が変色している方。

 

メタルボンド

メタルボンドとは金属の裏打ちを行い、セラミックを乗せた治療方法です。
 数年前までは審美歯科治療で最も多く使われていましたが、オールセラミックの性能が良くなっているため、症例数は減る傾向にあります。

お勧めの方
 変色をしない歯を求める方
 オールセラミックを入れられない方

 

セラミックインレー

セラミックスインレーとはセラミックで作るつめもののことです。
 変色もなく、最も自然に近いつめものの治療方法です。

お勧めの方
 見える部分に型とりのつめものの治療を行う方(金属を避けたい方)

 

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、型取りをしてつめものの装着をするのではなく、歯に直接つめものを詰める治療方法です。
前歯の隙間が空いている場合などに、歯をほとんど削らずに治すことも可能です。
審美歯科治療で用いる材料はハイブリッドセラミックと呼ばれる、セラミックスと樹脂を配合した材料を使用します。
西船橋駅前歯科ではグラディアダイレクトという治療法を行っています。

お勧めの方
 むし歯が小さい方
 前歯の隙間が気になる方
 左右のバランスが悪いなど歯の形にお悩みの方

 

ホワイトニング

歯のホワイトニングとは、歯を削らずに歯を白くする治療方法です。

お勧めの方
 歯の色が気になる方
 歯をより白く明るくしたい方

詳しくはホワイトニングのページへ

 

歯肉のメラニン(くろずみ)除去

せっかく歯を白くしても歯肉が黒いと気になりますよね。
歯肉の黒ずみはメラニン色素というものが沈着しているためです。歯ぐきに薬剤を塗り、メラニンを除去することで、歯ぐきがきれいなピンク色を取り戻します。

 

保険治療でできる白い歯の治療

保険で使用できる材料について

簡単に白さという見た目を回復する材料として、樹脂(レジン、プラスチック)を用いる場合があります。
樹脂の欠点は、変色をしてしまうので、継続的な審美性は考慮されていないことと、天然の歯が持つ、硬さや強度を回復することが難しいことです。

また、修復できる虫歯の大きさ、形態により保険診療でできる・できないもあります。

おすすめの各種治療方法、材料などは患者様のお口の状態、虫歯の大きさ、かみ合わせ、見え方などによりそれぞれ違います。
保険診療で問題ない治療については保険診療をお勧めする場合もあります。

ご相談はお気軽にどうぞ。