歯ならび・かみ合わせでお困りの方へ

矯正歯科治療の目的としては、見た目の改善ということもありますが、咬めるようにするため、歯を磨きやすい環境をつくるためにも大切です。

西船橋駅前歯科では、総合的に歯科診療を行っています。歯やお口全体をみる立場から矯正歯科治療を行い、歯を動かす、並べることだけを目的にするのではなく虫歯予防や歯周病、かみ合わせなどお口全体からの視点で矯正診療を行っています。

 

目立たない矯正歯科治療

マウスピース矯正治療

マウスピースを使用した矯正治療は、目立たず、ワイヤーによる痛みなどの少ない矯正治療の方法です。

  kyousei-06西船橋駅前歯科は、マウスピース矯正の【アソアライナー(クリアアライナー)】の認定歯科医院です。

利点としては、「目立たない」、「違和感が少ない」、「外したいときに外せる」、といったことです。

アソアライナー(クリアアライナー)の長所としては、その都度マウスピースの型取りをしていくので、治療計画の変更に対応しやすく、虫歯治療と同時進行で、矯正治療を行うこともできます。

前歯1~2本の部分矯正に向いている治療方法です。(全体的にがたがたの強い方にはマウスピース矯正は向いていません。)

同種の装置の【インビザライン】も取り扱っています。

マウスピース矯正の欠点として、部分的な矯正治療のケースに限られることがあります。
また、患者様自身で取り外しができるため、付けてない時間が付けている時間より長いと矯正の力がかからないので患者様のご協力がかなり重要になってきます。

 

【治療例】

kyousei-05

全ての歯ならびのケースで対応できるわけではありませんが、まずはご相談からどうぞ。

 

舌側矯正

kyousei-01全体的な矯正治療が必要なため、固定性の矯正装置で目立たなくする方法としては
歯の裏側に装置をつける方法があります。
マウスピース矯正では対応できない比較的難しいケースにも対応できます。

目立たないことが最大のメリットですが、
お口の内側につけるため、最初は若干の違和感や発音の難しさがあります。慣れれば問題ありません。
矯正治療の期間も長くなりますが、仕事柄などで、見えないように矯正治療をしたいという希望があり、マウスピース矯正で対応できないような方におすすめです。

なお従来どおりの表側につける矯正装置でも、見える部分については、基本的にセラミックの装置などを使用し、できるだけ目立たない矯正治療を行っています。

 

矯正用スクリューの使用

kyousei-02矯正歯科用のミニスクリューの使用により、従来より短期間での矯正歯科治療が可能になります。

また、部分矯正にも向いています。

 

なぜ短期間で治療ができるの?

従来の方法(固定源が歯の場合)
矯正歯科治療で歯を動かすためには固定源が必要です。従来は動かしたい歯の他の歯を固定源にして、目的の歯を動かしていました。
しかし、固定になる歯も若干動くため、必要以上の矯正力をかけることはできませんでした。

矯正用ミニスクリューの場合
固定源としてスクリューを利用した場合、力をかけてもスクリュー側は動きません。
強い固定をとることができ、(固定源の歯の動きがない分)短い期間での矯正治療が可能になります。

なぜ部分矯正に向いているの?

従来の方法(固定源が歯の場合)
1本だけ倒れている歯を起こしたい場合などでも、固定をとるため多くの歯に装置をつける必要がありました。

矯正用ミニスクリューの場合
固定源としてスクリューを使用することで、動かしたい歯とスクリューだけで倒れている歯を起こしたりすることができます。
(隣の歯と並べたりする場合にはブラケットは必要です。)

一本の歯を動かしたい時などには矯正用ミニスクリューの使用はお勧めです。

 

一般治療との併用

もともとかぶせものが必要な歯や歯周病のため固定が必要な場合には、事前の処置として矯正治療を行いかぶせものの治療を行うことで、一般治療をしやすくできる場合があります。
全てを矯正治療で治す、または全てをかぶせものの治療で治すということでなく、それぞれの治療を併用することで、審美的に時間的に、またかみ合わせを考えて長持ちのできるバランスのとれた治療を行うこともできます。