歯ならび・かみ合わせでお困りの方へ

矯正歯科治療は、咬みあわせを改善し、歯を磨きやすい環境をつくるために大切な歯科治療です。

西船橋駅前歯科は、こどもから大人まで、むし歯治療、歯周病治療からインプラント等先進治療まで総合的に歯科診療を行っている歯科医院です。
歯ならび、かみ合わせの治療においても、お口全体を考慮したなかで、矯正治療を行っています。
矯正歯科治療では、歯を動かす、並べることだけを目的にするのではなく虫歯予防や歯周病予防、かみ合わせなどお口全体からの視点で矯正診療を行っています。

矯正治療後は予防歯科でよい状態を維持していくようにしています。

 

使用している矯正歯科治療について

マウスピース型(カスタムメイド)矯正(歯科)装置

マウスピース型(カスタムメイド)矯正(歯科)装置による治療は、ワイヤーを用いないマウスピースを用いた矯正治療の方法です。

 

西船橋駅前歯科では、マウスピース型(カスタムメイド)矯正(歯科)装置による矯正治療を行っています。

取り外せる透明な矯正装置

矯正装置は透明なタイプで、患者さま自身で取り外しができ、食事のときなどに外すことができます。

型取りをして、矯正装置を作成するため、虫歯治療などにより歯の形が変化した場合には虫歯治療後の歯の形に合わせて矯正装置を作製することができるため、虫歯治療と並行して矯正治療を行うことができます。

マウスピース型(カスタムメイド)矯正(歯科)装置は、主に部分矯正に用いる治療方法です。(全体的にがたがたの強い方にはマウスピース矯正は向いていません。)

また、患者様自身で取り外しができるため、装着してない時間が装着している時間より長いと矯正の力がかからないので、患者様のご協力がかなり重要になってきます。

 

全ての歯ならびのケースで対応できるわけではありませんが、まずはご相談からどうぞ。

 

舌側矯正

kyousei-01歯に固定するブラケット装置による全体的な矯正治療を行う場合、歯の表側に矯正装置を装着する方法ではなく、歯の裏側(舌側)に矯正装置を装着する治療方法も行っています。

歯の裏側(舌側)に装着する矯正装置のため、違和感や発音に影響する場合があります。

なお、表側(頬側・唇側)に装着する矯正装置による矯正治療も行っています。
この場合も外側から見える部位は、透明なセラミックタイプのブラケットを使用しています。

 

歯科矯正用アンカースクリューの使用

kyousei-02全体的な矯正治療の固定源にするために使用する矯正歯科用アンカースクリューを採用しています。(部分的な矯正治療にも使用しています。)

 

固定源が歯の場合

矯正歯科治療で歯を動かすためには固定源が必要です。動かしたい歯と異なる歯を固定源にして、目的の歯を動かしたい方向に移動させます。
しかし、固定になる歯も若干移動します。
これは歯と骨の間には歯根膜という隙間があり、歯根膜があることで、作用反作用の力で固定源の歯も移動をするからです。

 

固定源が歯科矯正用アンカースクリューの場合

固定源として歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療では、固定源を歯ではなく、歯科矯正用アンカースクリューにとります。
歯科矯正用アンカースクリューは移動しません。
これは歯科矯正用アンカースクリューと骨の間には歯根膜がないためです。歯根膜がないことで、作用反作用の力は働かず、歯科矯正用アンカースクリューは動かず、動かしたい歯だけが歯の位置を移動することになります。

 

部分矯正における歯科矯正用アンカースクリュー

固定源が歯の場合

固定源が歯の場合、1本だけ倒れている歯を起こしたい場合などでも、固定をとるため複数の歯に装置をつけます。

 

固定源が歯科矯正用アンカースクリューの場合

固定源として歯科矯正用アンカースクリューを使用することで、動かしたい歯と歯科矯正用アンカースクリューのみによる部分矯正を行うこともあります

 

一般治療との併用

もともとかぶせものが必要な歯や歯周病のため固定が必要な場合には、事前の処置として矯正治療を行いかぶせものの治療を行うことで、一般治療をしやすくできる場合があります。
全てを矯正治療で治す、または全てをかぶせものの治療で治すということでなく、それぞれの治療を併用することで、審美的に時間的に、またかみ合わせを考えて長持ちのできるバランスのとれた治療を行うこともできます。